« 最強の無配企業 | トップページ | 公募投信の株式運用額、20兆円を突破・11月末、バブル後初 »

2006.12.14

怪しげな投資手法

 投資のやり方は人それぞれ。誰がどのような投資哲学を有していようが、それは私の関知することではありません。
 しかし、投資哲学とまでは申し上げないまでも、怪しげな投資手法が広く認知されています。普通に考えればオカルトなトンデモ理論がまかり通っているのが現実です。

 そんな現状について、先日紹介した、藤沢数希氏(ブログ「金融日記」で有名)の著書、なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方の一節を紹介します。

 本屋さんに行っても、旅行コーナーで『ハワイの歩き方』のとなりに『ムー大陸の秘密』という本がいっしょに売られていることはまずありません。『ムー大陸の秘密』は旅行コーナーではなく、超能力とかUFOとかのコーナーに置かなければいけないことは、誰の目にも明らかだからです。
 ところが、本屋さんの投資コーナーに行くと、この手のオカルト投資指南本と、大学教授が書いた硬い経済学の教科書がいっしょに売られていたりするのです。
 これがマネーの世界の摩訶不思議なところです。
(004ページより引用)

 言い得て妙だと思います。
 実のところ、理論的に正しいとされる、DCF等に基づく企業価値評価を実施をしたとしても、それが投資家のリターン向上に寄与するとは限りません

 とはいえ、怪しげな投資手法が投資家の便益に資するとも思いません。
 例えば、チャート分析を判断材料にするような投資手法はアテになりませんし、無駄な売買を誘発し、大抵の場合、さほどの利益につながらないのではないかと推測しています。少なくとも、手数料等のコストの分だけ、収益は損なわれているはずです。(それを裏付けるようなデータもあります)

 少なくとも私は、テクニカル分析チャート分析の解説に説得力を感じたことは一度もありません。
 将来の株価チャートを正確に描ける人など存在しません。過去の株価の推移に如何ほどの価値があるでしょうか?

 オカルトはオカルトで楽しめばいいとは思います。
 同時に、テクニカル分析やチャート分析に限らず、オカルトをオカルトと認識できずに信じているのであれば、それは正されるべきだとも思います。

|

« 最強の無配企業 | トップページ | 公募投信の株式運用額、20兆円を突破・11月末、バブル後初 »