« 怪しげな投資手法 | トップページ | 金融商品の取引はオンラインで完結させるのが望ましい »

2006.12.15

公募投信の株式運用額、20兆円を突破・11月末、バブル後初

 昨日(2006年12月14日)付、Nikkei Netの記事を紹介します。
 公募投信の株式運用額、20兆円を突破・11月末、バブル後初という記事です。

  公募投資信託の株式運用額が11月末、バブル崩壊後初めて20兆円を上回った。公募投信の残高が4カ月連続で過去最高を更新するなど、個人マネーの流入が高水準で続いていることが主因だ。株式市場では「買い手」として投信の存在感が一段と高まっている。ただ、販売をけん引する銀行窓販でトラブルも発生しており、銀行による説明責任の徹底など今後の課題になりそうだ。

<以下略>

 金融機関による徹底した説明は必要だと思われます。
 そして、記事では触れられていますが、気になることがもう一つ。(ホントはいろいろあるんですけどね・・・)。私たち投資家は、「コスト」についてもより多くの注意を払うべき。

 一般論として、金融機関が大々的に宣伝する投資信託で、投資家にとって有利なものなどほとんど存在しません。損失が生じる可能性を含めた「リスク」の説明は必須なのですが、同時に「コスト」の説明が必要だと考えています。
 手数料無料キャンペーンなどのお得情報でも、疑ってかかるくらいで丁度いいと思います。

 私も含めて、数多くの投資家が「投資バカ」の素質を有していると思いますが、本当にバカを見るようなことがないように気をつけたいものです。

 投資で利益を得ているのは、投資家自身でしょうか?
 もしかすると、金融機関が投資家よりもより多くの利益を獲得しているかも知れません。

|

« 怪しげな投資手法 | トップページ | 金融商品の取引はオンラインで完結させるのが望ましい »