« マネックス証券の「円建て債券 ~豪ドル償還特約付~」 | トップページ | 単元株変更による、株式流動性の低下 »

2006.11.28

「投信」の罠

 週刊ダイヤモンド(2006/12/2号)を購入しました。「投信」の罠として、投資信託が特集されています。

 記事の前書きには、

小額からでも、低コストで、プロの運用の成果を得られる。投資信託というのは本来、そんな金融商品であるはずだった。しかし、日本の現状はどうか?高コストの商品、投資家の勘違いに付け込もうとする商品が溢れ、投信会社は販売会社の顔色ばかり見ている。本特集は多くの投資家に成り代わって、「日本の投信はこれでいいのか」と問うていく。
 とあります。
 雑駁に申し上げて、本特集は投資信託に対して総じて批判的です。しかしながら、その批判は概ね的確であり、しかも平易で分かりやすい内容になっています。

 例えば、要注意の売れ筋投信として、
  ○毎月分配型投信
  ○Bシェア投信
  ○リスク限定型・元本確保型投信
  ○変額年金保険
  ○セット販売
  ○ファンド・オブ・ファンズ
  ○テーマ別投信
  ○バランス型投信
 が挙げられ、仕組みが紹介されています。

 実はこれらの投資信託、あまり知られていないことですが、投資家にとって不利なカラクリが隠されています。
 投資信託を購入している方にとっては、あまり知りたくない現実かも知れませんが、一読して損はなさそうな内容です。要するに、これらの投資信託は、金融機関が利益を得るための商品であり、投資家には、さほど利益をもたらさないのです。

 例えば、日本最大の投資信託である、グローバル・ソブリン・オープンのような、毎月分配型投信には、投資家が知らず知らず、手数料を掠め取られるような仕組みが内包されています。この雑誌では、それらの実態を分かりやすく説明しています。全体として、良心的な特集です。ダイヤモンド・ZAiを発行している会社の雑誌とは思えないほど(笑)。

 不利な金融商品に手を出さないための予備知識を得るための書籍には、

  1.お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール
  2.金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか
  3.「投資バカ」につける薬

 などが挙げられます。

 基礎的なファイナンシャル・リテラシがあれば、不利な金融商品は見分けられるようになるかと思いますが、手始めに、週刊ダイヤモンド(2006/12/2号)を眺めてみるのも良さそうです。雑誌ということもあり、手軽に読み進められます。

 ところで、週刊ダイヤモンド(2006/12/2号)34ページには、気になる(というよりも、率直な感情として怒りすら覚えます)内容が掲載されていました。投資信託の信託報酬(保有期間中に投資家が支払う手数料)についての記述です。

 ”ミスター・グロソブ”山内一三・国際投信投資顧問副社長はこう答える。
「信託報酬を引き下げても、お客さんにとって、大したメリットにならないと思う。それよりは販売会社とともに、セミナーなどを通じた情報提供に力を入れていくべきだと考える」
 ・・・。
 ポジショントーク、ここに極まれりといった印象です。雑誌の掲載記事ですので、前後の文脈や正確な発言内容が不明ですが、詭弁のように思えて仕方ありません。

 信託報酬をはじめとした、手数料は投資家の手取り収益を著しく毀損します。山内一三氏がこの事実を知らないはずがありません。

 もちろん、運用会社が信託報酬などから利潤を得ていくことは必要です。
 とはいえ「信託報酬の引き下げが、お客(=投資家となるハズ)にとって大したメリットにならない」とは、失礼ながら、その見識や良識を疑ってしまいます。もしかして、「お客=販売会社」と考えているのではないかと、思ってしまうほど。

(「お客=販売会社」であるならば、それはそれで一つの考え方だとは思います。私はそんな運用会社とはあまり、お付き合いしたくありませんが)

 人気のある金融商品が、投資家にとってすばらしい金融商品とは限りません。
 私たちは投資家にとって不合理な金融商品を見分けられる程度の基礎的なファイナンシャルリテラシを身につけるべきだと思います。
 それは自分自身を護ることになりますし、不合理な金融商品を購入する人が減少すれば、それらを自然淘汰することにもつながります。

|

« マネックス証券の「円建て債券 ~豪ドル償還特約付~」 | トップページ | 単元株変更による、株式流動性の低下 »