« 投信で運用する投信が大人気 | トップページ | 投資信託のコストについて »

2006.11.04

ロンドン証取、東証と提携協議

 ここ最近、東京証券取引所に関する報道が気になっています。

 例えば、本日(2006/11/04)の日本経済新聞はロンドン証取、東証と提携協議というニュースを伝えています。

 英ロンドン証券取引所が東京証券取引所に対し業務提携を申し入れたことが明らかになった。株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の相互上場などを打診しており、東証側も協議に入ることで合意した。東証は米ニューヨーク証券取引所とも提携を協議しており、覇権争いの激しい欧米の有力取引所がアジア本格進出に向け、東証へのパイプづくりを競い始めた。

 先月にロンドン証取の幹部が東証を訪れ、提携を申し入れた。それぞれの市場に上場しているETFの相互上場などを通じて投資マネーの拡大を目指すほか、株式売買システムの共同開発、新興企業向け市場の活性化策など幅広く提携の可能性を探る。


 読売新聞は東証、ロンドン・ドイツ両証券取引所と提携協議へと報じています。
 東京証券取引所は4日、ロンドン証券取引所とドイツ取引所との業務提携協議を、それぞれ年内にも開始する方針を明らかにした。

 上場投資信託(ETF)の相互上場や、新しい上場商品の開発、システム整備に関する情報交換などを検討する。さらに、2009年までに予定されている東証の自社株上場後に、数%程度の株式を持ち合うことなども視野に入れる。

 東証はすでに、ニューヨーク証券取引所との業務・資本提携協議を始めているが、国際的な取引所再編の動きに対応するため、欧州を含めた幅広い提携先を模索する必要があると判断した。米最大の先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)との間でも、先物取引の活性化策などで業務提携を目指す考えだ。

 ロンドン、ドイツ両取引所は、成長著しいアジアの新興企業を取り込むには、東証との関係強化は不可欠と見ている。特にロンドン証取は、米ナスダック市場を運営するナスダック・ストック・マーケットからの買収提案を拒否するために、東証との関係強化を含めた新たな国際戦略を示す必要に迫られていた。

 今すぐに提携ということにはならないようですが、今後の推移に注目です。

 個人の資産運用においても、アセットアロケーションは非常に重要です。
 しかしながら、海外資産への投資は国内資産への投資と比較して、多少なりともコストと手間がかかるのが現実です。

 もしかしたら、ETFなどの相互上場などを通じて、私たち投資家に恩恵をもたらしてくれるかも知れません。国際分散投資がより簡単になるかも知れないのですから。日本企業への投資拡大や、東京マーケットの世界的な地位向上などに資することも考えられなくはありません。

 「証券取引所のガバナンスはどうあるべきか?」とかというような問題がありますので、提携を無条件に歓迎するわけにはいかないのでしょうが。

|

« 投信で運用する投信が大人気 | トップページ | 投資信託のコストについて »