« 自分自身での運用もそれほど難しくはありません | トップページ | ファンド規制、不動産に激震――私募スキームの転換迫る投資サービス法 »

2006.09.25

維持コスト高すぎ!(商品新時代)

 投資の世界での著名人は数多存在します。ちなみに、世界三大投資家といえば、ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏、ジム・ロジャーズ氏の3名が挙げられるそうです。(知りませんでした)

 ところで、ジム・ロジャーズ氏が組成(開発)したRICIという商品指数があります。そして、この指数に連動する運用を目指す、商品新時代という商品ファンドがあります。
 ネットで購入すれば販売手数料無料ということを知りまして、概要を調べてみたのですが、維持費が高すぎます。この商品のFAQ、Q10.手数料はいくらですか?また、その他一年間にかかる費用は?には以下のような記述があります。

お申込み手数料は、お申込み金額の1%(税込)です。
オンラインならお申込み手数料は0%(無料)です。
年間の費用としては、この他に信託報酬 0.5%、ゼネラルパートナーの管理報酬2.2%、商品投資顧問会社の管理報酬1.0%、その他費用(監査費用等) となります。
 明示されている年間の費用は、少なくとも3.7%です。およそ4%の収益を獲得してはじめて、投資家に利益がもたらされます。
 率直に申し上げて、あまりにも高すぎる維持コストです。年間2%のコストでも高すぎるのに。

 投資商品の「表面上のパフォーマンス」と「コストを控除した後の実質的なパフォーマンス」について、少しは目を向けた方がよさそうです。

|

« 自分自身での運用もそれほど難しくはありません | トップページ | ファンド規制、不動産に激震――私募スキームの転換迫る投資サービス法 »