« 新型定期預金を推奨するかぁ・・・ | トップページ | ミクシィのIPO »

2006.08.20

個人向け国債(買うなら5年物より10年物)

 雑誌、プレジデント(2006.9.4)を購入しました。
 「賢明な人は知っている お金の新常識40」という特集が掲載されています。

 あまり興味のない内容もあるのですが、全体としては良い特集だと思います。数多くの記事がありますが、投資関連では、

  1.吉本佳生氏による「人気金融商品 おいしそうな新聞広告は信じられるか」
  2.山崎元氏による「投資信託 見かけの高い利回りの落とし穴は」
  3.川口一晃氏による「個人向け国債 人気沸騰!買うなら5年物か10年物か」

 などが良心的です。一般的な知識として知っておいて損はない。
 そのなかで、「3.」について簡単に触れたいと思います。

 利率は預貯金よりも高く、元本も保証
という見出しをつけた上で、以下のように述べられています。
「どうしてこの時期に」という言葉が、真っ先に口に出てきてしまう商品、それが「個人向け国債五年物」(固定金利型)である。同じ個人向け国債でも、「一〇年物」(変動金利型)は、ここ最近の人気運用商品で私もおすすめしたいのだが、五年物のほうはそうではない。
 そして、金利の現状認識を示した上で、次のようにも主張しています。
 五年物の個人向け国債を購入した多くの人は、この十年間の低金利状態に慣れきってしまい、有事の状態が当たり前のように考えているのではないだろうか。
 だが、それは違う。有事はあくまでも有事なのだ。これから金利は正常な水準に戻っていく。
 そうであるならば、商品の選択をもう一度見直したい。

<中略>

 個人向け国債のうち「一〇年物は変動金利」だが、「五年物は固定金利」だ。したがって、金利上昇の恩恵を享受できるのは、「一〇年物」しかない。どう考えても、五年物は選択肢として浮上しないはずである。

 この考え方には基本的に同意です。
 メリットは「金利上昇の恩恵を享受できる」というよりはむしろ、「債券投資における金利上昇のデメリットを大きく低減できる」という具合に捉えるべきなのだろうとは思いますが、おすすめする商品の結論は同じです。「買うなら個人向け国債一〇年物(変動金利)」なのです。

 当面使用する予定のない資金を安全確実に運用(保全)することを目的とするならば、私の知る限り、これ以上有利な金融商品は見あたりません。
 最近このblogで頻繁にとりあげている、悪質な新型的預金と比較すれば、個人向け国債(十年変動物)がどれほど購入者にとって有利であるかが、お分かり頂けるかも知れません。


PS 川口一晃氏はチャーティスト(チャーティズムとは関係ないです)としても有名です。提唱されている、ペンタゴンチャートなどについてはかなり懐疑的だったりするのですが、今回の雑誌記事については真っ当に書かれていると思います。


|

« 新型定期預金を推奨するかぁ・・・ | トップページ | ミクシィのIPO »